柴犬の犬図鑑

柴犬の歴史

日本古来の犬である柴犬。実は世界的に見ても古い犬種であることが、最近のDNA分析研究でわかりました。犬の祖先はオオカミですが、柴犬はシャーペイやバセンジーに次いで近い種類です。
1936年には天然記念物に指定されています。

柴犬の祖先は縄文時代にいた「縄文柴」だと言われ、縄文時代の早期から縄文柴は猟犬として飼育されていました。縄文柴をかたどったと思われる立ち耳で巻き尾の犬の土偶や、丁寧に埋葬された縄文柴も多数出土しています。
紀元前1万年から日本人の柴犬が一緒に暮らしていたことがわかります。

柴犬は日本全国に分布し、その土地ごとに用途にそって交配されてきました。そのため、同じ柴犬でもかなり特徴は異なり、山陰柴、美濃柴、信州柴と3つの系統に分けられています。

明治時代から洋犬が輸入され、柴犬をはじめとする日本犬の数は減少していきました。第二次世界大戦が勃発すると毛皮の供出や食糧難からさらに犬の数は減り、追い打ちをかけるように1952年には犬ジステンパーが大流行。
これに危機感を覚えた愛好家たちは、日本各地の柴犬を交配させてなんとか絶滅を防ごうと努力します。その結果、柴犬は見事に復活。しかし、地域ごとの柴の特性は薄れてしまいました。
現在の一般的な柴犬は、信州柴の影響が濃いと言われています。

JKC(ジャパンケネルクラブ)のほかに、「日本犬保存会」「天然記念物柴犬保存会」といった団体が柴犬の犬種標準を設け、保存しようと活動しています。
なお、日本犬保存会の標準は、柴犬や秋田犬などの犬種ごとではなく、小型・中型・大型と、大きさによって分類しています。この場合、柴犬は小型犬になります。

最近は日本だけでなく、海外での人気も高まっています。

柴犬の特徴

柴犬は小さな立ち耳とがっしりした体つきが特徴で、体長が体高よりやや長めです。
尻尾は巻き尾で、研究者によれば15種類の巻き方があるそうです。

JKCの基準では、柴犬の理想の体高はオス38~41cm、メス35~38cmと定められています。小型犬に分類されていますが、他の小型犬に属す犬より大きめなので、場合によっては中型犬と言われることもあります。

柴犬の性格

長らく猟犬として飼われてきた犬種のため、飼い主への忠誠心が高く、誰にでも懐く犬ではありません。家族に対してもあまり甘えることはなく、クールに接しますが、自分が認めた飼い主にだけは素直な愛情表現を見せてくれるでしょう。

警戒心が強く勇敢なため、番犬としても優秀です。賢く我慢強いため、しつけはあまり苦労しません。しかし、頑固な面があり、自分より格下と認定すると、言うことを聞かないばかりか攻撃的に出ることがあるので注意が必要です。

柴犬の飼い方

柴犬は自分より下の思った人の言うことを聞きません。それどころか、攻撃的な態度を取ることさえあるので、上下関係をはっきりさせておくことが重要です。子犬であっても甘やかさず、毅然とした態度で接してください。
柴犬はストレス耐性が低い傾向があるので、叱りすぎず、しつけは褒めることを中心にすることをおすすめします。

筋肉質で活発な柴犬は運動量を多く必要とする犬種です。毎日30分程度の散歩を、朝晩の2回行うのが理想です。それに加え、週に1回程度はドッグランなどで思い切り走らせましょう。

近年は室内飼いされることが多くなった柴犬ですが、被毛は厚いダブルコートなので、換毛期の抜け毛はかなり多め。部屋の掃除はもちろん、柴犬の健康のためのケアが必要です。
柴犬の皮膚病や熱中症を防ぐためにも、少なくとも週に2~3回、換毛期はできるだけ毎日ブラッシングしてください。

自立心が高いため、あまり構われ過ぎるとストレスを感じる場合があります。柴犬それぞれの個性を確かめて接しましょう。

柴犬の毛色

柴犬の毛色は赤、白、黒褐色、胡麻の4種類で、ほとんどは赤です。
中でも胡麻は希少で、黒・白・赤が混じっている毛色を指します。赤が多ければ赤胡麻、黒が多ければ黒胡麻と呼ばれます。体の下の部分は白の、「裏白」が望ましいとされています。

赤の柴犬同士を交配していると、だんだん色が薄くなってくるため、何代かに1頭は黒褐色を組み合わせ、色を補っています。

柴犬の気を付けたい病気

柴犬は古代から日本で生活している犬種のため、日本の気候風土に合っていて、丈夫な犬種だと言われています。しかし、そんな柴犬でもかかりやすいのが皮膚疾患です。

アレルギー性のほか、マラセチアなどの細菌感染、内分泌疾患によるもの、原因不明のアトピー性皮膚炎など、柴犬はさまざまな皮膚疾患を起こしやすいと言われます。

特にアレルギー性の皮膚病が多く、原因が特定できない場合はアトピー性皮膚炎となります。食餌療法やアレルゲンの排除、シャンプーといった対処法がありますが、必ず獣医と相談してから行ってください。

日本の気候に合っていることと丈夫なことで、柴犬は長寿になる傾向があります。柴犬の平均寿命は12~15歳と言われていますが、20歳を超える犬もいるようです。

それに伴って、老犬特有の病気にかかるリスクが高くなるようです。
痴呆予防のためにも、足腰が弱ってもカートやバギーなどで散歩に連れ出すなど、柴犬の好奇心を刺激することが重要です。また、老犬になっても食欲が落ちないよう、若犬のころから口腔ケアを怠らないことが大切です。

< 柴犬のお役立ち情報一覧へ戻る

ご利用案内

口コミ・評価

サイトの便利な使い方

LINE ID連携で理想の子犬を迎えよう♪ ID連携してご成約いただくと1,000ポイントプレゼント 健康保証サービスのご案内 ご成約特典 取引保証サービスのご案内
1,261人が「いいね!」と言っています。
生駒国大
山田 一成
尾崎 りか
奈良 孝春
芹野 慎治
沢木 享
須山 久美子
杉本静香
柴犬の子犬お探しコーナー ドッグショー特集 チャンピオン犬 輩出・在籍の柴犬のおすすめブリーダー特集

毛色から柴犬の子犬を探す

性別から柴犬の子犬を探す

優良ブリーダー募集
GeoTrust SSL認証
当サイトではSSL暗号化通信を利用することにより、入力内容の盗聴や改ざんなどを防いでいます。
みんなのペット健康専門店
みんなのペットコミュニティ ミテミテ
みんなのペットライフ
みんなのペット保険
みんなの犬図鑑

柴犬の名前ランキング

  • 男の子
    1位こてつ
    2位むぎ
    3位やまと
  • 女の子
    1位はな
    2位ゆき
    3位ココ
>> 名前ランキングをもっと見る